朝スッキリ目覚め術 スッキリ目覚めのメソッド10ヶ条

実際にあなたの目覚め度をチェックしてみましょう。「朝の目覚め度チェックリスト」であなたの朝の目覚め度を確かめたら、「スッキリ目覚めのメソッド10ヶ条」で体内リズムを整え、心身リセットにトライてみてください。

監修:明治薬科大学 リベラルアーツ 准教授駒田 陽子 先生
1休日も平日も
起きる時間を変えない
休日も平日も起きる時間を変えない
26時間〜8時間寝る。
難しければ、
3日単位で調整する
6時間〜8時間寝る。難しければ、3日単位で調整する
3朝日を浴びて、
体内時計をリセットする
朝日を浴びて、体内時計をリセットする
4バランスのよい
食事を心がけ
朝食をきちんと食べる
バランスのよい食事を心がけ朝食をきちんと食べる
5適度な運動をする
適度な運動をする
6仕事や人間関係で
ストレスを溜めない
仕事や人間関係でストレスを溜めない
7深酒は控える
深酒は控える
8昼食後に目を閉じて、
10~20分昼寝をしてみる
昼食後に目を閉じて、10~20分昼寝をしてみる
9夜はゆっくり
湯船につかり、
リラックス&リフレッシュ
する
夜はゆっくり湯船につかり、リラックス&リフレッシュする
10すっきりした目覚めを
サポートする
サプリメント等を
みつけてみる

より良い目覚め、
眠りのためには、
体内リズムを整えることが大切

24時間社会に生きる私たちは、体内リズムが乱れやすく、毎日熟睡し、朝スッキリ目覚めることが容易ではありません。より良い眠り・目覚めのためには、体内リズムを整えることが大切です。体内リズムを整える方法として、10個の生活習慣を心がけると良いでしょう。リズムが乱れがちな週末も、まずは就寝・起床時間をキープすることから始めましょう。

駒田 陽子
駒田 陽子(こまだ・ようこ)
明治薬科大学 リベラルアーツ 准教授

早稲田大学 文学部 心理学専修 卒業。早稲田大学大学院 人間科学研究科 博士課程修了・人間科学博士。日本学術振興会特別研究員、国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所特別研究員、東京医科大学 睡眠学講座 准教授 などを経て、2017年より現職。

PageTop